~人は女に生まれるのではない、女になるのだ~

NOTE to SELF

日常

夏至~2017年も下半期へ突入~

更新日:

 

 

2017年6月21日夏至

~昼の長さが一番長い日の夏至の由来と意味~

(写真は6月21日19時に撮った写真)

 

ついこの間まで19時は夜。暗い。というイメージだったのに

こんなに明るくて1日が長くなった感覚になります。

 

北欧は白夜の時期。

太陽は地表または水平線をなめるようにして、完全に沈まずにまたそのまま昇り始めます。感覚的には、昼間が続くというよりも、夕方と朝方がうんと長くなるという感じだそうです。その一方、生活リズムが崩れてしまうため、寝不足気味になる人も少なくないという話を聞いたことがあります。

 

日本は梅雨まっただ中。

 

1日中明るいというのに憧れますね・・・無い物ねだりですが。笑

 

話はそれてしまいましたが、夏至。

先ほども書きましたが、夏至とは昼の長さが一年で最も長い日、というでも知っているという方も多いと思います。昼や夜の長さで季節の変わり目を知るという意味では、春分・秋分・冬至などもありますよね。

 

一年で昼が最も長い日を夏至

一年で昼が最も短い日を冬至

と言いますが、東京で昼時間の長さを比べると夏至と冬至では5時間もの差があるそうです。

 

 

 

スピリチュアル的にも夏至は大きな意味を持つ

 

夏至

陽が長い=明るい

だけではなく、考え方を変えると「一年で最も長く太陽が地表を照らしている日」とも言えます。

 

陰極まれば陽となり、陽極まれば陰となるという宇宙の法則があります。

 

 

その陽極まる日がこの夏至です。

陽のエネルギーは外に向かっていくエネルギー・物事を変えていくエネルギーです。
これは、何か始める時に強力なエネルギーとなります。

生き物や植物、地球上に存在するものは意識しなくても月や太陽の影響を受けているんです。

 

 

 

今回の夏至は

「これまで自分が取り組んできたこと」「なりたかった自分」に成長できる絶好のタイミングということ。

 

 

夏至(6月21日)を境に、目標や夢を追う自分に勢いがつき本物となっていく。

自分を信じて、このまま突き進むべし!ということでしょうか。

 

2017年下半期、さらなる自分の飛躍を信じて♪

 


 

夏至というタイミングで2017年上半期を振り返ってみよう!ということで…

 

私は2017年、年が明けた時、今の自分のままでいいのかすごく迷っていました。

実家に帰り、このモヤモヤする気持ちが何なのか、出口の見えない迷路の中にいたんです。

 

そこで気づいたこと。

 

ただ毎日をたんたんと過ごしていた。動いていなかった自分。

本来じっとしていられないのに、めずらしい。何かおかしいと思ったんですよね笑

 

そして心の奥の奥に閉まっていた「夢」を思い出し、挑戦もせずに諦めようとしていたこと。

 

 

そこで、今年の目標は決まりました!

「気になったこと全てに挑戦する」

 

簡単なようだけどなかなかできない。

会社に勤めているから、私には向いていないから、やったことないから・・・

いろんな理由をつけたがる。

 

 

でもそれを、できなくても。失敗しても。笑われても。

挑戦することで、今まで知らなかった自分に気がつくし、人との出会いも増える。

たくさんの刺激をうけることで、また明日も頑張ろう!って気力が湧いてくる。

 

 

動かないより断然

毎日楽しくなりました!

 

 

動いたおかげで、このブログを書きはじめて、目線が変わった気もする(^^)

 

 

 

 

夏至という「一年で最も長く太陽が地表を照らしている日」に上半期を振り返り、

下半期の目標を立ててみてはいかがでしょう??

 

 







 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-日常
-, , , , , ,

Copyright© NOTE to SELF , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.