~私の備忘録が何かのお役に立てたら~

NOTE to SELF

カテゴリー

メキシコ留学の準備~記録

グローバル社会で必要なこととは

更新日:

「グローバル」という言葉をよく聴く。

 

なんとなく理解しているつもりだけど

グローバルな人って結局どんな人なの?

 

 

浮かぶ様々なクエスチョン??

 

 

イメージでは

「語学力」「高学歴」などが先行する。

 

辞書を引くと

地球規模で広く物事を考えるという視点。と書いていた。

 


グローバルって?

最近はインターネットが普及して

どこにいても、何をしてても世界中の誰とでもつながることができる。

 

 

世界は近くなった。

これは本当に感じる。

 

 

パソコン1つあれば、海外に向けて日本の商品を販売することもできる。

 

行きたい国の情報も、地図も、風景も行く前から見ることができる。

 

航空券も自分で手配して格安でどこにでも飛んでいける。

 

{便利な世の中だ・・・

 

 

そんな社会で必要なことって何なんだろう。

 

 

英語力?

 

・・・これは、必要だと思う。

 

英語に限らず話せる言語が多ければ多いほど

たくさんの人と繋がることができる。

言葉はお互いが意思疎通するためのツールだから。

 

 

しかし、ぺらぺらに喋れる必要もないとも思う。

意思疎通ができるのは言葉だけではない。

 

表情

ジェスチャー

 

相手を理解しようという気持ちさえあれば

人と人は繋がれるということを今まで50カ国ほど仕事やプライベートで訪れてきて感じた。

 

 

ただ、学生時代の英語の授業は面白くなかったな。

型にはまったガチガチの日本語英語。

 

単語も文法も暗記暗記・・・

 

無理。つまんない!

 

なんに使うのこんなのーー。

 

 

楽しさを見出せなかった。

 

 

そんな私みたいな人たちは

海外に行って挨拶しているとき面白い共通点がある。

 

現地の人:Hello!!How are you?

日本人:I’m fine.Thank you.And you?

 

教科書通りの回答。

 

現地の人にも

「日本人はみんな同じ答え方しかできないのか?ロボットみたいだ」って

言われたことがあるくらい。笑

ぎこちないというか、型にはまっているというか・・・

 

私も喋れるわけでもないから言えないけど

確かにそうだなって恥ずかしかった記憶はある。

 

 

 

 

 

話がそれちゃったけど・・・

 

 

結局何を言いたいかというと

 

 

大きい大きい地球にある、ちーーーっちゃな島。

 

それが日本。

 

 

日本語を母国語としているのは日本人だけ。

74億分の1.2億人。

 

 

日本人の約70倍が世界には暮らしている。

 

日本だけではもったいない。

70倍の出会いがあるんだから!

 

こんな小さい世界に閉じこもらずに

もっと広い視野をもって、世界に飛び出すべきだ!

 

 

各国の言葉が話せなくても

iphone・スマホがあれば翻訳機能で

通訳してくれる時代。

 

あとは考え方だけ。

日本国内の常識だけではなく世界には

いろんな考え、やりかたがあるし、

ひとりひとり「普通」は違う。

 

変な型にはめないで

 

違いを認めて、

 

先入観フィルターを取り除いて

 

何でも吸収しながら

 

行動していったら

 

自然に自分の価値観が変わっていく。

 

 

私が思うグローバルな人って

 

”日本の型にはまらないで

いろんな価値観だとか、文化だとか知っている人”

”日本を客観的に見られる人”。

 

かな。

 

世界が近くなった今だから。

動いた人だけが見られる世界がたくさんあるはず。

 

 

私もいろんな国を訪れて

「違い」を見つけて

ウキウキするのが好き。

 

旅って単なる娯楽じゃなくて

そういう「初めて」にたくさん出会える

学びの場でもあるよね。

 

うまくまとめられないけど・・・私が思うグローバル(その1)でした笑

 

 

続く

スポンサードリンク







スポンサードリンク

スポンサードリンク

-メキシコ留学の準備~記録
-, , , , , ,

Copyright© NOTE to SELF , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.