スペイン語を勉強する理由

 

 

海外で出会えば出会うだけ、抱く感情

がある。

 

もっと話したい。

もっと知りたい。

話せないもどかしさ。

 

英語はなんだかんだ中学校から勉強しているから

簡単な文法と簡単な単語で話すことができるし

なんとなく言っていることはわかる。

 

世界で1番話されている言語も

「英語」

 

ある程度英語が話せれば行動できるだろう・・・

海外の人も英語喋れるだろうし!!

 

と思っていた。

 

それも、

観光地のインフォメーションのスタッフさんに話しかけると

帰ってくる言葉は英語だから。

 

 

しかし街へ”ひょい”っと出てみると違う。

 

 

 

日本人が海外の人から道を聞かれてる感覚で

まったく理解されないことが多い・・・

 

 

それに、私が話しているのは

発音も不確かな「日本語英語」。

 

「この人何を言っているのかしら?」

って目で言われている感じ。

 

話しかけたものの、切り上げ方もわからない。

 

こんなときのために、どの国を訪れても

「こんにちは」と「ありがとう」だけは覚えていくようにして!

 

その目線を感じたときには即座にお礼を言って笑顔で立ち去る。

それが精神状態を保たせてくれる手段。笑

 

どこかに伝わる人がいるはずだから、手当たり次第声を

かけてみるんだ。{メンタルが鍛えられる

 

 

この経験でまた1つ私の考えが打破された。

 

 

海外=英語ではない

 

 

スポンサードリンク



 

 

 

だからといって、行く国全部の言語を覚えるのは

現実的ではない。

 

 

ならば、どの言葉を選んだらいいのか・・・。

 

 

これまで訪れてきた国の記憶を呼び覚ましてみると

共通する公用語の国がいくつかあった。

 

ぱっと思いついたのは

「フランス語」と「スペイン語」。

 

これは歴史的な背景があって昔、この国々の

植民地だった国はその言葉を話しているから。

 

 

フランス語もスペイン語も

国連の公用語

6つ(英語、フランス語、スペイン語、中国語、ロシア語、アラビア語)

の中に入っている。

 

 

英語以外に勉強するなら、たくさんの人が

話している方がいいでしょ?

 

且つ、行ったことがあって印象深かったから

この2つにすぐ絞った。

 

 

あとはどっちにするかだけど、もう決まっていた

 

 

 

スペイン語を勉強する!

 

 

大好きなラテンの雰囲気がある中南米で多い公用語だし、

(公用語となっているのは21カ国ある)

世界でも4番目に多く公用語として使われているし、

世界の約5億人の人々と話すことができる

日本語読みで発音がしやすいというのも聞いていた。

 

あとは、、、

 

話している子を見て可愛い~!って思ったから。

 

 

 

理由は何であれ笑

 

 

スペイン語を勉強します!!(何の宣言

 

 

 

 

ということで、これから私の成長過程を書いていきながら

数ヵ月後。数年後に少しでも誰かの参考になるように!

 

自分にも気合を入れて。

 


 

ちなみに今知っているスペイン語は単語だけ。

Hola!

Adios!

Grasias!

Amore(長友選手が言ったので話題)

 

 

 

ここから頑張る!!

長期スパンでのチャレンジスタートです♪

 

 

 

 

スポンサードリンク







あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です