~人は女に生まれるのではない、女になるのだ~

NOTE to SELF

スペイン語

人のあたたかさを感じる場所

更新日:

ひとのあたたかさ…
それを感じるメキシコ🇲🇽

 

 

海外旅行に行った人や日本でも時々繁華街にいくと少しのコインが入った帽子をもって座っている人や、手を差し出して近寄ってくる人に会ったことが1度はあると思う。

 

そんな時どうしてましたか?

 

私は怖くて…どう対応すべきかわからずそのまま、違う方向へ歩いたりということばかりだった。

 

 

ここメキシコでも同じ状況に遭遇し、目をそらした私。

 

しかし、一緒にいたホストファミリーのママは「ちょっと待って!」とコインを笑いながら差し出した。

 

これは一度だけではなく、どこにいても同じ。

 

これまでの自分の偏見の目を恥じた。

 

 

そういう思いを抱えながら、後日。

 

学校の帰りに、駐車場で洗車の売り込みをしている男性がいた。

 

汗だくで、駐車場の前を歩いているスーパーの帰りの夫婦に声をかけていた。

 

車もってない人たちに何話してるのかな?と思ったら

 

旦那さんがスーパーの袋に入っているコカ・コーラを取り出しその男性にあげて、何もなかったように歩きだした。

 

絶対知り合いではない。

 

たしかに暑かったし…水分補給が必要だったんだろう。

 

とても自然なやりとりだった。

 

どのやりとりでも、去り際どちらも笑顔でGraias!

Adios!と言っている。

 

見ていて心があたたまる。

 







 

バスにのってる今も、ギターを持った男性が運転手と話し乗り込んできた!

そして始まる弾き語り。

いい声で気持ちよく歌っています🎵

 

 

時折、私の足をふみながら笑

 

おい!!

 

っと思いますが動いているバスでよく歌える!そして、上手い。と感心しちゃいます笑

メキシコのバスって走行スピードが早いから💦簡単に言うと運転が荒い😂

 

真横で聞かせてもらったので、生まれて初めてコインを渡してみた。

Graias!と晴れ晴れとした笑顔で言ってくれた。

 

どんな状況でもというのはまだ難しいけど、少しずつ私ができる範囲でありがとうの輪を広げていけたらと思いはじめた。

 

 

まだまだ、同じような出来事は毎日いろんなところで目にする。

 

日常茶飯事っていう言葉があっているかわからないけど。

人って助け合って生きてるんだな~っと感じます。

 

困っている人がいるから、助ける。

当たり前のようで、難しい。

 

メキシコに来てせっかく気づけたことなので、続けて行きたいと思います(*^^*)

 

日々の生活で心が満たされる、だから笑顔になる。

だから、人のために動くことができる。

人って繋がってるんだよね。

 

スーパーでも、飲食店でもメキシコでは相手を呼ぶとき

Amigo = 友達と呼ぶ。

 

ちゃんとしたレストランとかだとsenoraと呼ばれることもあるけど、Amigoって呼ばれると相手に認められているというか…

 

親近感がすごくあるから嬉しくなる。

 

メキシコが日に日に好きになっています。

 

自然と笑顔になれる場所かもしれない✨

 

すべての人がそうとは限らないので、気を付けなくてはならないけどね🎵

 







スポンサードリンク

スポンサードリンク

-スペイン語
-, , , , ,

Copyright© NOTE to SELF , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.